ステンレス水槽を製作しています

イシバシの求人募集サイトをご訪問いただきありがとうございます。現在募集中の職種はございません。

今回はステンレス製の水槽をご紹介します。

 

ステンレス水槽、溶接は慎重に

この水槽は、汚水の中に含まれているゴミやカスなどを分離させるのに使用する薬品を注入する際に使用されます。私たちの業界では「水処理装置」あるいは「環境設備」とも呼ばれています。

大きさは1200mm×幅70mm×高さ1000mm。深めのお風呂といったイメージでしょうか。お客様からいただいた設計図をもとに製作をすすめています。

また、水槽は液体を貯めておく役割がありますから、漏れ出てしまったら大変です!隙間や穴が開いて漏れないように、部品の一つひとつを丁寧に溶接しています。

 

鉄よりもひずみが大きいステンレス

中身はこんな感じです。

ステンレスを溶接するときは、溶接棒を熱で溶かして接着します。ただ、ステンレスは熱を加えると変形し冷めると縮むため、ひずみが起こります。そのような「溶接ひずみ」が起こることを想定した上でうまく接着できるよう、細心の注意を払っています。

この水槽の板の厚さは2mmで制作しています。薄くなるほど変形が大きくなるため、溶接にも技術を要します。

 

現在、募集中の職種はございません

イシバシではスクリューフィーダーをはじめとするステンレス製品の加工から組み立てまで、本社工場内で一貫してお受けしています。それぞれの作業工程のプロフェッショナルが、互いに協力しながらも各自仕事に没頭できる環境があります。

現在、求人募集は停止しておりますが、今後募集の際はこちらのページにてご案内いたします。

▼各種求人情報

現在、募集を行っている求人情報は下記よりご覧いただけます。