ごみ焼却場に納品する脱水機の製作風景と裏波溶接のご紹介

イシバシの求人募集サイトをご訪問いただきありがとうございます。現在、製缶工、溶接工を募集中です。

イシバシでは、ステンレス製スクリューフィーダーをはじめとするさまざまなステンレス製品や金属製品の製造を、完全オーダーメイドにて承っております。

今回は脱水機の製作過程と裏波溶接という溶接技術についてご紹介します。

脱水機と架台を製作中

現在、ごみ焼却場に納品する脱水機と架台を3台ずつ製作しています。イシバシではこうした水処理設備の製作も得意としています。食品工場、化学工場向けはもちろんのこと、イシバシの製品は自治体の公共事業にも役立てられています。

手が届かない裏側も溶接する「裏波溶接」

今回の脱水機製作にあたっては「裏波(うらなみ)溶接」という溶接技術を用いています。

通常のステンレスを溶接する際、片面だけではもう片面の継ぎ目が溶接されず、隙間ができてしまいます。そのため、表と裏の両方を溶接しているのですが、2メートル以上ある細長い配管など、手が届かない箇所を溶接する場合、通常の溶接では管の内側を溶接することができません。

そこで、一度の溶接で表と裏の両方を溶接できる裏波溶接により、手の届かない箇所の溶接も行っています。こうすることで、製品の強度が増すだけでなく、内部に液だまりの発生や異物混入を防ぐ役割も果たすのです。裏波溶接は通常の溶接に比べて高い技術が求められるため、熟練した溶接工によって丁寧に溶接されていきます。

製缶工・溶接工をまだまだ募集中です

イシバシではスクリューフィーダーをはじめとするステンレス製品の加工から組み立てまで、本社工場内で一貫してお受けしています。それぞれの作業工程のプロフェッショナルが、互いに協力しながらも各自仕事に没頭できる環境があります。

詳しい募集要項はこちらのページにてご案内いたします。

▼各種求人情報

現在、募集を行っている求人情報は下記よりご覧いただけます。