あなたの金属加工技術をイシバシでいかしてみませんか?

千葉県習志野市の株式会社イシバシでは、現在、製缶溶接工及び機械加工の技術者を募集しています。産業機械メーカーや食品プラントメーカーで使用されるさまざまな製品を、あなたの手で製作してみませんか?

イシバシで製作するスクリューフィーダーはステンレス製のものが多いのですが、今回は鉄製のスクリューフィーダーのオーダーが入りました。同じスクリューフィーダーでも、鉄製の製品は、ステンレス製のものとは異なる溶接方法や仕上げ方法で製作します。

鉄製スクリューフィーダーの加工から溶接まで

こちらはスクリューフィーダーのスクリューになるパーツです。このあと、工場内で曲げ加工を施してから軸に溶接していきます。

▲アーク溶接をおこなった直後

▲溶接部分をエアーや研磨などで綺麗にした後の状態

溶接の方法は、素材や設計によってさまざまな種類がありますが、当社では主にアーク溶接、半自動溶接、ティグ溶接の三種類の方法でおこないます。

今回のスクリューフィーダーの本体となるトラフ部分には半自動溶接を、スクリュー部分にはアーク溶接を施しました。

半自動溶接は定着性が強いので、しっかりと留めたいときに使います。アーク溶接は仮留めで使うことが多く、その速さが最大のメリットです。溶接後にエアーをかけたり研磨したりして表面をきれいにする必要がありますが、今回は、それらの作業を分担して行うことによって、納品にむけてスピーディーに作業を進めることができました。

鉄製スクリューフィーダーには仕上げ塗装を

錆びにくいステンレス製品と違い、鉄製の製品にはメッキ加工やペンキ塗装を施します。今回のスクリューフィーダーはペンキ塗装で仕上げを行います。溶接後のスクリューフィーダーのパーツを塗装業者へ運搬し、仕上げ塗装を施します。その後、最終的にイシバシにて組立と梱包を行います。

あなたの金属加工技術をイシバシでいかしてみませんか?

すべての商品がオーダーメイド品なので、一つ一つの仕事をこなしていくうちに、技術力だけでなく応用力も自然と身につきます。

イシバシでは、製缶溶接加工キャリアをお持ちで、やる気とモノづくりへの情熱、そして最高の金属加工技術(とくにステンレス加工)を学びたいという意欲のある方をお待ちしています。詳しい募集内容については、こちらの募集ページをご覧ください。

▼各種求人情報

現在、募集を行っている求人情報は下記よりご覧いただけます。