イシバシでステンレス加工のプロフェッショナルを目指しませんか?

千葉県習志野市の株式会社イシバシでは、産業機械メーカーや食品プラントメーカーで使用されるステンレス製品を製作しています。現在、製缶溶接工及び機械加工の技術者を募集中。

イシバシではどんなステンレス製品も完全オーダーメイドで製作。ステンレス加工のプロフェッショナルを目指している方には最適の職場です。

今回ご紹介するのは、ステンレスホッパーの製作風景。ホッパーとは、パンや麺類の原料となる粉類を一時的に溜めておく装置のことです。

イシバシで製作するホッパーは、もちろんステンレス製。お客様から送っていただく図面を見ながら、丁寧に作業を進めていきます。

ステンレスホッパーの製作風景

こちらは、筒状に曲げられたステンレス板の溶接を行っているところです。

まずは大体の位置を固定して点付け溶接で仮止め。その後、全体的にゆがみがないか確認しながら連続溶接を行います。ホッパーは、空気圧によって中の粉類を押し流していく仕組みになっています。そのため、内部がしっかりと密閉状態になることが重要。

ホッパーを製作する際には、ゆがみや隙間ができないよう細心の注意を払います。

完全オーダーメイド品の製作はイシバシならではの強み

今回ご注文いただいたステンレスホッパーは、上下の軸が微妙にずれているため、円柱形のホッパー下部が少しねじれた構造となっています。冒頭の写真を見ると、そのねじれ具合がよくわかるかと思います。

一般的なホッパーは、上下の軸が重なっているものが多いのですが、工場によっては、工場内の別の機械との位置関係によってこのように軸がずれたホッパーが必要になる場合もあります。

ねじれたホッパーの側面にバイブレーターを取り付けるため、バイブレーターの装着面に曲げ加工を施していきます。

バイブレーターはホッパー内での粉類の沈着を防ぐための装置。バイブレーターによってホッパー全体が振動し、粉類がしっかりと落ちていく構造になっています。

この曲げ加工は、当社の技術者が手作業で行います。曲げ加工の機械とホッパーの間を何度か往復し、微調整を重ねます。最終的に、ねじれた側面にもぴったりと合うバイブレーターが完成しました。

すべての商品がオーダーメイド品なので、一つ一つの仕事をこなしていくうちに、技術力だけでなく応用力も自然と身につきます。

イシバシでは、弊社では旋盤加工キャリアをお持ちで、やる気とモノづくりへの情熱、そして最高のステンレス加工技術を学びたいという意欲のある方をお待ちしています。詳しい募集内容については、こちらの募集ページをご覧ください。

 

▼各種求人情報

現在、募集を行っている求人情報は下記よりご覧いただけます。